生後1ヶ月[4週目]:やっと、たどり着いた1ヶ月検診

グズグズはまだ続き、一番ひどい時だと17:30から翌日の1:30までグズグズ。。。お昼くらいまでは調子がいいので、早めのお昼をとって、夜までは間食しつつ、旦那の帰りを待ち。

夕食は作ってもらうことも多くなりました。

スポンサーリンク

出産直後のぽっこりお腹も、ほとんど元通り

出産前に9キロ増えた体重も、出産直後に3キロ減少、退院時にさらに2キロ減少。さらに、赤ちゃんのお世話&不健康なご飯で、さらに3キロ減少。。

この1ヶ月でトータル8キロ減少したことに。ほぼ元の体重に戻りました。

ずっと引きこもっていた1ヶ月。長かった。

旦那のお母さんのお手伝いもなくなり、平日は赤ちゃんと2人。土日は旦那と赤ちゃんと3人。ほとんど人と話さない、引きこもりの生活はつらいです。。

だれか話し相手がいればいいですが、友人とはLINEでの連絡が多く、電話連絡をとるのは妹くらい。なので、つい、長電話をしてしまいます。

結局、1ヶ月の内、うちに来たのは身内だけ。妹が2回、私の両親と旦那の両親が1回づつ、来ました。旦那のお母さんはお手伝いでずっといたのですが、お母さんが戻った後、急に旦那のお父さんが来ることに。

寡黙なお父さんがうちに来る!

旦那のお父さんは寡黙な人で、子供が生まれてから特に連絡がなかったので、てっきりお父さんは来ないと思っていました。

そしたら、一人で来ると。。。びっくり!

お母さんも一緒にきてくれないと会話が続かない。。。慌てて、旦那はお母さんに連絡し、夫婦揃って、きてもらうことにしました。

そんなお父さんがきて、30分、あまりしゃべらない。。いつも通りだ!どうしよう、、と思って、「せっかく来てもらったので、赤ちゃんを抱っこしてあげてください」と言ってみることに。

そしたら、ずっと抱っこしてくれて、手とか足とか触って、ちょっとうれしそう。赤ちゃんパワーすごい!旦那もお母さんもびっくりしてました。

待ちに待った、1ヶ月検診!

久々の外出。けれども、旦那は仕事で、一人で検診へ行くことになるのか、、と思ってたら、旦那が午後休をとってくれました。とはいえ、行きの時間には間に合わないので、一人で向かって、帰りは旦那と帰宅することに。

1人で検診へ向かう

新生児から使える抱っこひもを購入してたのですが、徒歩&電車は不安なので、家からタクシーで向かうことに。

タクシー内では赤ちゃんは熟睡。病院についてからも起きることもなく。。。大人しい!

病院は出産した時のあおばウィメンズホスピタル。まずは私の検診からなので、赤ちゃんを一時預かりしてもらいます。検診の順番待ちの時に、ちょうど旦那が到着しました。

私の方は何の問題もなく、すぐに終了。今度は赤ちゃんの検診なので赤ちゃんを受け取ります。ここまでかなりスムーズ。

赤ちゃんの1ヶ月検診

赤ちゃんの体重を測定。約1キロの増加で、かなり順調ですねっと先生に言ってもらえると一安心。その後、からだの状態をみてもらったけれども、モロ反射の時に少し泣いたくらいで、機嫌はかなりいい。というか、笑ってる!

あとは、育児での疑問点をひたすら先生に聞く。6個くらい質問したけれども、どの質問も丁寧に回答してくれる。ありがたい!

ドキドキの1ヶ月検診でしたが、待ち時間も短く、病院の様子も知っているのでなんだか安心感があります。そして、大人しかった赤ちゃん。検診中は笑顔も見られて、可愛くてキュンキュンしてました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!