羊水検査の結果

羊水検査の結果は…

異常ありませんでしたよ(*^^*)でした(T0T)

今日まで、第2子が置かれてる状況を書かせてもらってましたが、読まれてさらに不安になる人…何言ってるんだと思われる方もいたでしょうね(^^;;

私自身がかなり不安もあり、じっとしていられなくて、本当にずーっと病気の記事や羊水検査の事、中絶のことを調べてました

やっぱり心の支えになったのは、同じ境遇におかれても、前を向いて頑張ってる人たちのブログ
苦しんでるのはあなただけじゃないと書いてくれてる方もいました…

お別れを選んだ人、産むと決めた人…カントレル症候群という珍しい病気の方のブログも拝見して、思わずコメントをしましたが、2010年が最後の記事で(^^;;

こういう状況は、私が知らないだけでも身じかに沢山いらっしゃるかもしれませんね。
でも、簡単に話せる内容では無いし、同じ考えとは限らないし…ブログなら、見たい人が見て、見たくなければ見なければいい

繋がりがないからこそ、弱音をはけるってこともありますよね…

私が今回の事をブログに残そうと思ったのも、同じように検索をしてる方々と、気持ちを共有できれば…と思いました
そして、私も自分たちの決断をずっと忘れず、胸において頑張って生きてかなきゃと思いました

決して、色々な人の意見を蔑ろにしてるわけでも、否定してるわけでもなくて…私達は、こういう選択をして、今を生きてます。って、残しときたくなったんです

ヒグローマになる胎児の確率は1/12000、そのうち出産に至るのは1/1000、50%染色体異常、30%は心疾患
21トリソミーは1/1000の確率、心疾患は1/100の確率
カントレル症候群の患者は20万人に1人
羊水検査の流産は1/300

確率、確率…うちの子は、いったいどんな確率の中に置かれてるのかな…

最初に流産した時と一緒に身篭った方の赤ちゃんは、もう4ヶ月になって、保育園のお迎えにもお母さんに抱っこされながら来ています

前回は赤ちゃん?みたいな感じだった息子も、僕も赤ちゃんが欲しいって、言うようになったのは、結構言い難い気持ちになりました

でも、何より救いになったのも息子の存在
辛い時に「赤ちゃん、死なないよ?きっとママのこと大好きだからさ」
本当にこの言葉が、忘れられません

息子だけが、ずっと赤ちゃんの生命力を信じていたんじゃないかなって思います

何事もなく、普通に生まれてきて、普通に育っていく凄さ…
でも、帝王切開がなければ、私も息子も、どうなっていたか分かりませんしね

医学って本当に凄いなって改めて思いました

タイミングよく、コウノドリというドラマの死産、流産、出世前検査の回
妊娠すれば、誰もが考えうることだと思う…けど、やはりどこか人事で、まさか自分がその様な経験をするとは
まさか自分が…何度もそう思い、大きくなるお腹に恐怖を覚え、赤ちゃんをエコーで見るたびに可愛い、でも喜びきれない気持ち…

今回、私たちは一緒に頑張れるという決断ができましたが、結果が違えば、全く違う未来になっていたわけです

『検査をした人 しなかった人 産む決断をした人 産まない決断をした人 どの人の選択も間違えていない』
コウノドリ…確かにこの言葉には、本当に救われたというか…。

病院の先生にも同じ事を言ってもらいました

「こんなに悩んでお二人が出した応えなんだから、どんな答えであろうと、自信を持って決断すればいい。ただ、後悔だけはしないように、お手伝いしますから」

どうか、愛する我が子達と、この先も過ごせますように

検査の結果を待っている間って本当に辛いです
本当は守ってくれるはずのお母さんに手放される赤ちゃんの気持ち
温かい腕の温もりを、伝えられることも無く、命を終わらせてしまうかもしれない
大きくなるお腹に気づかれたくない

色んな思いを抱えて過ごした1ヶ月…すごく長く感じます

まだまだ赤ちゃんには頑張ってもらわなければいけませんが、ママもあなたを守る。貴方のために頑張れる事が、こんなに嬉しいなんて(*^^*)

一緒に頑張っていこうねo,+:。☆.*・+。

スポンサーリンク

赤ちゃんとのお別れの時に

色々悩まれたり、やむおえなく赤ちゃんとのお別れを選ばれる方がいらっしゃると思います

12週をすぎてからは、普通分娩のように赤ちゃんを産むことができます
そして戸籍には乗らなくても、火葬をして…天国に送り出すことが出来ます

勝手かもしれないけれど、何か赤ちゃんにしてあげられることがないかなって記事を読んでいた時、『天使のブティック』さんのホームページに出会い、連絡をさせてもらっていました

お力になってくれると思いますので、ご相談してみるのもいいかもしれませんね(•ᵕᴗᵕ•)

http://www.baby-angel.org/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!