横隔膜ヘルニア、臍ヘルニア 修復手術

今回は小児外科さんにお世話になる、外科手術です

横隔膜の欠損によって、心臓の方に飛び出てしまている肝臓を下へ下げるのが、一番の目的です(*´ㅅ`*)

なんですが、どうせお腹を切るのであれば、腸が飛び出てしまう臍ヘルニアも治してほしいと嘆願したところ、検討していただけることになりました!

循環器とは違い、手術説明も当日も、両親のどちらかが待機していればᴼᴷ(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋

木曜日に入院をして、一度帰宅が出来、日曜日の午後に戻ってくる!なんていう事もฅ(*°ㅁ°*ฅ)

それからは、点滴を取ったり手術日に備えての準備や麻酔科の説明を受けました

手術時間は約6時間

問題なく終わり、お臍も形成していただきました

これで嘔吐問題が解決すれば良いなーなんて思っていたのですが、残念ながら改善はしませんでした…

手術翌日はやっぱり調子が悪かったのか、私が離れるとすごく泣いて、看護師さんや誰かが入ってくるのも嫌なようで、初めて腕を伸ばして求められました

ずっとくっついていれば落ち着くようでした

この仕草はお兄ちゃんと同じで驚きました(笑)胸の間に手を入れるのは落ち着くのかな?
お兄ちゃんも良くこうして寝ていたので( *´꒫`)

今までテープかぶれも無かったんですが、今回は足が真っ赤に(´;ω;`)薬を塗ったら1週間ほどでよくなりました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!