シャント手術閉胸

シャント手術閉胸

酸素飽和度も、血圧も安定している。という事で、ちゃんと骨と胸を閉めて頂くことになりました

看護師さんが、普通に胸を洗浄してって言っていたので、洗浄!?(笑)と聞いてみたら、本当に温水で胸の中を洗うそうです(笑)

後は、人工血管と繋ぐ際に通した針穴のノリを取れるだけ取るようです

当初予定では6mmの人工血管を使うと言っていましたが、10mmの大きいものを使えました

5mm程クリップで噛んでいるそうなので、後5mm、本人の体の成長に合わせて血流が少なければ、カテーテルを通して空気を入れて、クリップの大きさを調整出来るというメリットがあります

ただ、左心室の動きが弱いと言われました

それは、今まで血液を送り出すのに動いていた左心室の血流がコントロールされ、頑張る必要がなくなっているから…というような説明をされました

一見いい事のように思えますが、今の血流に左心室が慣れてくれないと、また問題が起こってきてしまう訳ですね💧先生的には、暫くしたら馴染んできてくれるとは思いますが…との事

また目を覚ましてきて、自分の体のみで息をする様になるというのもターニングポイント😳💭

明日からは、徐々に薬を辞めていって、起こしていくみたいです

娘ちゃんの笑顔が見たいよ~(´•̥ ·̫•̥` )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!