羊水検査

16週に入ったので、羊水検査が出来ます
私は12月1日の16週0日にやってもらいましたm(_ _)m

15週からと書いてあるところもありましたが、安曇野のこども病院さんは16週からみたいですね

検査結果は約2週間…という事なので、13日の日の心臓の再検査の日と結果発表が重なるかな?というところ

本当に決断の日が迫ってきています

8時から2時間だけ仕事をして、10時半に病院に行きました

内診で流産、早産の兆候がないか
子宮の厚さや、子宮口は開いてないかなど診てもらったあと、旦那さんとエコーで赤ちゃんの様子を見てもらいました

目を擦ってたり、手足をいっぱい動かしていて…すっかり人間でした
大きさや脳にも異常なし
初めて4Dなるエコー写真も見せてもらいました
この時は、悲しいとか…そういうのはなく、ただ可愛いって思いました

妊婦健診でやる血液検査も、一緒にやっちゃうね

という事で、採血もやりました
耳に針を刺して、どの位で血が止まるか?というのは初めてやりました
これはピアスも開けたことあったし、全然苦痛な痛みではありませんでした

その後、検査室に移動をしてショーツ以外全て脱いで、これを着てねと、薄い浴衣みたいなのを渡されました

その後点滴をされたのですが、この時の針がメチャ太くって、二重構造??とかの特殊な針なようで痛かった〜(T0T)
4日たった今、青アザになってます(^^;;

抗生物質の薬も1錠飲みました

流産の確率は1/300…この病院では過去にそういったことは今の所ありません…大丈夫…!そう思いながら分娩台に上がりました

分娩台はベッドみたいに倒されていて、その上にフカフカの敷物?みたいなのが引かれていて凄い気持ちよかったです

エコーをみながら、赤ちゃんの位置を確認して、針を刺す場所を決めました

手術みたいに、穴の空いた布をお腹に被せられて、消毒液ドバドバお腹にかけられて(笑)いざ!!

どんな注射器かは見ませんでしたが、感覚としては、鶏肉に刺す串でお腹を貫かれている感じでした

麻酔なし;;(∩´o`∩);;

ブスっブスっ…とお腹と子宮を刺す音が聞こえたようでした(^^;;

丁度私がやったのっぽい画像があったので、引用です!針を刺す人と、エコーの人と、補佐?のナースさんの三人でやってもらいました(*^^*)皆女性で、私は凄い気が楽(⊃´-`⊂)

流石慣れてらして一切の戸惑いなく、一気に刺してくれたので、何回もやり直すとか、羊水が採れないとかもありませんでした

痛み的には鈍痛が続くような痛み…(激痛では無かったです)

羊水も順調にとれて10秒くらいたった時

?っと、言った感じに大人しかった赤ちゃんが動き始めたんです

それで、針?を見つけて、触ったり足で蹴ったりし始めました

ハラハラして、大丈夫なんですか?と聞いたら、怪我するような針はもう抜いてあるから大丈夫ですよって、笑いながらエコーを見る先生に安心

ちっちゃな手で、棒で遊んでるような仕草をする赤ちゃんに微笑みが…サヨナラしたくない…どうか染色体異常、ありませんように

そう祈ることしか出来ません

それから1時間、その場所で休んでました
羊水漏れの様子も、血液が流れ込んでる様子もなく、もう帰って大丈夫ですよ
今日1日は安静にしていてね(^ω^)との事でした

費用は10万とか20万とかネットには書いてあったのですが、6万でした✩*

私は旦那さんと別できたので自分の車でも帰れましたよ(*^^*)
ちょっと刺したところが、痛いくらいで、息子も旦那さんが見ててくれたので、ゆっくりできました

夕飯と、明日の朝食の後用にもお薬を飲みました

この時はもう、胎動を感じない…とはいえず、ポコポコ動くお腹に手を置き、頑張ったね…と話しかけました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!