心室中隔欠損

昨日、電話で羊水検査の結果が出ているか問い合わせをした所、まだ出なくて14日から18日の間に結果がでるという事でした(ノ;・ω・)ノ

こちらとしては、不安で不安で…19日なら確実に出ていると思うので夫婦で来てくださいと、また予約を取りました

この先に進めない、何とも言えない不安がまだ続くのか…

取り敢えず、今日はこの前小さすぎて見えなかった心臓の詳細な所をもう1回見てもらえることになりました

本当は予約を入れないでという日に、時間を作ってくれて…有難いです

今日は旦那さんも一緒に心臓のエコーを見ました

元気に動いている赤ちゃん
不整脈とかも今のところは無さそう。ということです(*^^*)

スポンサーリンク

診断結果

問題点と手術の内容

心室中の穴は2.6mm、心臓の大きさが約8mmなので、1/3穴が空いているということで結構大きな穴みたいです

そして部屋が区切られていないがために、本来右心室から静脈、左心室から大動脈となっているのですが、どちらも右心室からのびてしまているということ(1歳~3歳の間で心室中の部屋を閉じて右心室に静脈を繋げる手術をする)

静脈がとても細くて、肺に送る酸素が少ないかも?ということ(これは産まれてみないと何とも言えないみたいです。取り込む酸素量に応じて手術するみたいです)

ただ上記の病気の患者さんは結構多いらしく、運動もある程度なら出来るようになっている患者さんが多いと説明を受けました(´▽`)ですが、更にうちの子には、カントレル症候群というものがあるので…これがどう影響してくるか…

また個人差もありますので、合併症の心配もないとは言えないみたいですが、まぁ、そこら辺は誰にでも起こりうることですしね(;^_^A

心配していた、大動脈解離と、総動脈幹症はありませんでした(⊃´-`⊂)
どちらも重大な疾患でしたが、手術は出来ると言われてました
総動脈幹症は産まれてから直ぐに手術すれば根治できるという病気です

ただ、やはりリスクは少ない方がいいですよね(;^_^A

本当…後は羊水検査の結果がどう出てくれるか…です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!